VOA リスニング

VOA Learning English 220517

Scientists Grow Plants in Dirt from Moon

この記事は VOA Learning English のウェブサイト(https://learningenglish.voanews.com/)の記事と問題を使用しています。
引用元の記事はこちらです。
Scientists Grow Plants in Dirt from Moon

このコンテンツには最後に日本語訳があります。

このコンテンツを使ったディクテーション学習もできます。

記事の概要

今回取りあげる VOA Learning Englishに掲載された記事は、 月の土で植物を栽培することに成功したという発表に関する記事です。
このコンテンツには理解力を測るクイズがあります。

学習の例

まずはスクリプトを見ないで音声を聞きましょう。クイズがある場合は、音声を聞いたあとにクイズに挑戦することで、理解度をはかることができます。

そのあとに、スクリプトを見ながら音声を聞き、どこが聞き取れなかったのかを確認しましょう。

音声を聞きながら少しあとからマネをするシャドウイングも効果的です。

VOA Learning English の音声はゆっくりはっきり読まれますので、シャドウイングには最も適した素材です。音声のスピードを速くすることもできますが、英語の発音、イントネーション、間の取り方を学ぶことでリスニングだけではなく、スピーキングにも大きな効果が期待できますので、最初の何回かはそのままの音声でシャドウイングを試してみてください。

では、下の『再生』ボタンを押して、音声を聞きましょう。

「再生」を押すと出現するプレイヤーは, ボタンで読み上げスピードを調整できます。

プレイヤーの ボタンを押すことでリピート再生します。
音声が遅すぎると感じる場合は ボタンを押して速度を上げて聞いてください。ナチュラルスピードよりも少し遅くなる程度に速度調整しています。


この記事には一分間に読む速さ(WPM)を調節した速読訓練ができます。速読訓練をする場合はボタンを押してください。


VOAニュースのイメージ画像
(本ページの画像ならびにOGP画像はCC0 またはパブリックドメインのものを使用しております。)

For the first time, scientists have grown plants in moon soil collected by NASA’s Apollo astronauts.

The scientists had no idea if anything would grow in the moon dirt. They wanted to see if it could be used to grow food by the next generation of moon explorers. The results surprised them.

Robert Ferl of the University of Florida’s Institute of Food and Agricultural Sciences was surprised with the results. “Plants actually grow in lunar stuff. Are you kidding me?” he said.

Ferl and other researchers planted thale cress, a small flowering plant, in moon soil returned from the Apollo missions. The good news was that all of the seeds grew.

The bad news was that after the first week, the lunar soil stressed the plants so much that they grew slowly. Most of the moon plants ended up stunted – meaning small or not fully developed.

Results of the study appeared recently in the publication Communications Biology.

The longer the soil was exposed to radiation and solar wind on the moon, the worse the plants seemed to do. The soil collected by the Apollo 11 mission was the least helpful for growth. It was exposed a couple billion years longer to the elements, the scientists said.

Simon Gilroy of the University of Wisconsin-Madison was not part of the study. He said, “This is a big step forward to know that you can grow plants.” Gilroy added, “The real next step is to go and do it on the surface of the moon.”

Moon dirt is full of glass particles from micrometeorite impacts. These particles got in the Apollo lunar landers and wore down the moonwalkers’ spacesuits.

One solution might be to use younger geologic spots on the moon, like lava flows, for digging up soil. The environment also could be changed by adding special nutrient mixtures or artificial lighting.

Only 382 kilograms of moon rocks and soil were brought back by the six Apollo crews that landed on the moon. Most of them are still locked away, forcing researchers to experiment with soil made of volcanic ash on Earth.

Early last year, NASA finally gave out 12 grams of soil to the University of Florida researchers for the planting experiment. NASA said the timing for such an experiment was finally right, with the space agency looking to put astronauts back on the moon in a few years.

The best situation would be for future astronauts to use local dirt for indoor planting instead of setting up a hydroponic, or all-water, system, scientists said.

Sharmila Bhattacharya is NASA’s program scientist for space biology. Bhattacharya used the term optimize – meaning to make something as good or as effective as possible – to describe the work that lies ahead.

She said, “The fact that anything grew means that we have a really good starting point, and now the question is how do we optimize and improve.”

The Florida scientists hope to reuse their lunar soil later this year, planting more thale cress before possibly moving on to other plants.

I’m John Russell.

Marcia Dunn reported on this story for the Associated Press. John Russell adapted it for VOA Learning English.


Words in This Story

lunar – adj. of or relating to the moon

kid – v. to speak to (someone) in a way that is not serious : to say things that are not true to (someone) in a joking way

micrometeorite -- n. a meteorite so small that it can pass through the earth’s atmosphere without becoming intensely heated; a very small particle in interplanetary space

この英文には日本語訳があります。日本語訳はナラボー・プレスが作成しています。
日本語訳を表示をする場合はボタンをおしてください。 

 

【日本語訳】

Scientists Grow Plants in Dirt from Moon 月の土で植物を栽培することに成功

For the first time, scientists have grown plants in moon soil collected by NASA’s Apollo astronauts. NASAのアポロ宇宙飛行士が採取した月の土で、科学者たちが初めて植物を育てました。

The scientists had no idea if anything would grow in the moon dirt. They wanted to see if it could be used to grow food by the next generation of moon explorers. The results surprised them. 科学者たちは、月の土で何かが育つのかどうか、見当もつきませんでした。この土が、次世代の月探査機による食料生産に利用できるかどうかを確かめようとしたのです。その結果は、科学者たちを驚かせました。

Robert Ferl of the University of Florida’s Institute of Food and Agricultural Sciences was surprised with the results. “Plants actually grow in lunar stuff. Are you kidding me?” he said. フロリダ大学食品農業科学研究所のRobert Ferlは、その結果に驚きました。「植物は実際に月のもので育つのです。冗談に決まっている」と彼は言いました。

Ferl and other researchers planted thale cress, a small flowering plant, in moon soil returned from the Apollo missions. The good news was that all of the seeds grew. Ferlと他の研究者は、アポロ計画から戻ってきた月の土に、小さな花を咲かせる植物、セイル・クレスを植えた。朗報は、すべての種が成長したことです。

The bad news was that after the first week, the lunar soil stressed the plants so much that they grew slowly. Most of the moon plants ended up stunted – meaning small or not fully developed. しかし、最初の1週間は、月の土が植物にストレスを与えてしまい、成長が遅くなってしまいました。ほとんどの月見草は発育不良、つまりは、小さかったり、十分に育っていなかったりしたのです。

Results of the study appeared recently in the publication Communications Biology. この研究結果は、最近出版された『Communications Biology』誌に掲載されました。

The longer the soil was exposed to radiation and solar wind on the moon, the worse the plants seemed to do. The soil collected by the Apollo 11 mission was the least helpful for growth. It was exposed a couple billion years longer to the elements, the scientists said. 月の土壌が放射線や太陽風にさらされる時間が長ければ長いほど、植物の状態は悪くなるようです。アポロ11号のミッションで採取された土壌は、生育にの役に立ったとは言いがたいものでした。科学者たちは、この土壌は数十億年長い間、様々な要素にさらされていた、と語っています。

Simon Gilroy of the University of Wisconsin-Madison was not part of the study. He said, “This is a big step forward to know that you can grow plants.” Gilroy added, “The real next step is to go and do it on the surface of the moon.” ウィスコンシン大学マディソン校のSimon Gilroyはこの研究に加わっていません。彼は、「これは植物を育てることができるということを知るための大きな一歩です。」と述べました。Gilroyは、「本当の次のステップは、月の表面でそれを行うことです。」と付け加えました。

Moon dirt is full of glass particles from micrometeorite impacts. These particles got in the Apollo lunar landers and wore down the moonwalkers’ spacesuits. 月の土は、微小隕石の衝突によるガラス粒子でいっぱいです。この粒子がアポロの月着陸船に入り込み、月面歩行者の宇宙服を摩耗させました。

One solution might be to use younger geologic spots on the moon, like lava flows, for digging up soil. The environment also could be changed by adding special nutrient mixtures or artificial lighting. 溶岩流のような月の若い地質学的スポットを利用して土を掘り起こすのも1つの解決策かもしれません。また、特殊な栄養剤を加えたり、人工照明を当てたりして環境を変えることも考えられます。

Only 382 kilograms of moon rocks and soil were brought back by the six Apollo crews that landed on the moon. Most of them are still locked away, forcing researchers to experiment with soil made of volcanic ash on Earth. 月に降り立った6人のアポロクルーが持ち帰った月の石や土は、わずか382キログラムに過ぎません。そのため、研究者は地球上の火山灰でできた土で実験することを余儀なくされています。

Early last year, NASA finally gave out 12 grams of soil to the University of Florida researchers for the planting experiment. NASA said the timing for such an experiment was finally right, with the space agency looking to put astronauts back on the moon in a few years. 昨年初め、NASAはついにフロリダ大学の研究者に12グラムの土を配り、植え付け実験に使いました。NASAは、数年後に宇宙飛行士を月に戻したいと考えており、このような実験を行うタイミングがやっと訪れたといいます。

The best situation would be for future astronauts to use local dirt for indoor planting instead of setting up a hydroponic, or all-water, system, scientists said. 将来の宇宙飛行士が、水耕栽培、つまり水だけのシステムを立ち上げる代わりに、地元の土を室内植栽に使うのが最良の状況だろうと科学者は語っています。

Sharmila Bhattacharya is NASA’s program scientist for space biology. Bhattacharya used the term optimize – meaning to make something as good or as effective as possible – to describe the work that lies ahead. NASAの宇宙生物学プログラム・サイエンティストであるSharmila Bhattacharyaは、次のようなことをを述べています。Bhattacharyaは、「最適化」という言葉を使って、今後の作業を説明しました。

She said, “The fact that anything grew means that we have a really good starting point, and now the question is how do we optimize and improve.” 「何かが成長したということは、私たちが本当に良い出発点を得たということであり、あとはどのように最適化し、改善していくかということです。」

The Florida scientists hope to reuse their lunar soil later this year, planting more thale cress before possibly moving on to other plants.フロリダの科学者たちは、今年後半に月の土を再利用し、さらにセイヨウノコギリソウを植えてから、他の植物に移行する可能性もあると考えています。

I’m John Russell. 私はJohn Russellです。

Marcia Dunn reported on this story for the Associated Press. John Russell adapted it for VOA Learning English. Marcia DunnがAP通信のためにこの話を報告しました。VOAラーニング・イングリッシュのためにジョン・ラッセルが脚色しました。

【VOA Learning Englishのバックナンバー】

 


お便りお待ちしております。

ナラボー・プレスは、ユーザーにみなさまにとって便利で役に立つ英語学習サイトを目指しています。
こんな学習がしたい、学習素材が欲しい、というご要望がありましたらぜひ、ご連絡ください。
またはナラボー・プレスが掲載しているVOAの記事で分からない箇所があれば、お気軽にご質問ください。
お問い合わせはお問い合わせフォームからお願いいたします。
【お問い合わせフォーム:担当土屋】

ぜひSNSで記事をシェアしてください。