VOA リスニング

VOA Learning English 220426

Researchers Explore Improvements to COVID Vaccines

この記事は VOA Learning English のウェブサイト(https://learningenglish.voanews.com/)の記事と問題を使用しています。
引用元の記事はこちらです。
Researchers Explore Improvements to COVID Vaccines

このコンテンツには最後に日本語訳があります。

このコンテンツを使ったディクテーション学習もできます。

記事の概要

今回取りあげる VOA Learning Englishに掲載された記事は、 COVIDワクチンの改良を探る研究者たちの活動に関する記事です。
このコンテンツには理解力を測るクイズがあります。

学習の例

まずはスクリプトを見ないで音声を聞きましょう。クイズがある場合は、音声を聞いたあとにクイズに挑戦することで、理解度をはかることができます。

そのあとに、スクリプトを見ながら音声を聞き、どこが聞き取れなかったのかを確認しましょう。

音声を聞きながら少しあとからマネをするシャドウイングも効果的です。

VOA Learning English の音声はゆっくりはっきり読まれますので、シャドウイングには最も適した素材です。音声のスピードを速くすることもできますが、英語の発音、イントネーション、間の取り方を学ぶことでリスニングだけではなく、スピーキングにも大きな効果が期待できますので、最初の何回かはそのままの音声でシャドウイングを試してみてください。

では、下の『再生』ボタンを押して、音声を聞きましょう。

「再生」を押すと出現するプレイヤーは, ボタンで読み上げスピードを調整できます。

プレイヤーの ボタンを押すことでリピート再生します。
音声が遅すぎると感じる場合は ボタンを押して速度を上げて聞いてください。ナチュラルスピードよりも少し遅くなる程度に速度調整しています。


この記事には一分間に読む速さ(WPM)を調節した速読訓練ができます。速読訓練をする場合はボタンを押してください。


VOAニュースのイメージ画像
(本ページの画像ならびにOGP画像はCC0 またはパブリックドメインのものを使用しております。)

Drug companies are testing new methods to improve the efficacy of COVID-19 vaccines, using combination shots or nasal drops. They hope the continued research will help strengthen resistance to a continuously changing coronavirus.

Original vaccines and “bivalent” vaccines

The first COVID-19 vaccines remain protective against serious sickness, hospitalization and death, especially after a booster dose.

However, drug companies are facing growing pressure to develop vaccines better at fighting off milder infections.

Updating vaccines to match the latest variants is risky, because future variants could be very different. So, companies are considering something like a flu vaccine, which offers protection against three or four different strains in one shot every year.

Moderna and Pfizer are testing 2-in-1 COVID-19 protection that they hope to offer this fall. Each “bivalent” shot would mix the original, proven vaccine with an omicron-targeted version.

Moderna has some early evidence that the idea could work. It tested a combination shot that targeted the original version of the virus and an earlier variant named beta. It found vaccine recipients developed limited levels of antibodies capable of fighting not just beta but also newer variants like omicron. Moderna now is testing its omicron-targeted bivalent candidate.

Boosters

Dr. David Kimberlin, a CDC adviser from the University of Alabama at Birmingham, recently suggested that for the average person, two doses of the Pfizer or Moderna vaccine plus one booster — a total of three shots — “gets you set up” and ready for what may become a yearly booster.

After that first booster, CDC data suggests an additional dose offers most people a small, temporary benefit.

Experts recommend three shots because vaccination triggers development of antibodies that can fight off coronavirus infection. Such antibody levels naturally decrease over time.

But memory cells jump into action to make new virus-fighters if an infection sneaks in. Rockefeller University researchers found those memory cells may become stronger and able to target more diverse kinds of the virus after the third shot.

Even if someone who is vaccinated gets a mild infection, memory cells still help give “time to protect you against severe illness,” said Dr. Paul Offit of the Children’s Hospital of Philadelphia.

But some people — those with severely weakened immune systems — need more doses early on for a better chance of protection.

Americans 50 and older are being offered a second booster, following similar decisions by Israel and other countries that offer the extra shot to give older people a little more protection.

The CDC is developing advice to help those eligible decide whether to get an extra shot now or wait. Among those who might want a second booster sooner are the elderly, people with health problems or people who are at high risk of exposure from work or travel.

Nasal vaccines

It is hard for a shot in the arm to form lots of virus-fighting antibodies inside the nose where the coronavirus latches on. But a nasal vaccine might offer a new way to prevent infections.

“When I think about what would make me get a second booster, I actually would want to prevent infection,” said Dr. Grace Lee of Stanford University, who chairs CDC’s immunization advisory committee. “I think we need to do better.”

Nasal vaccines are difficult to develop, and it is not clear how quickly any could become available. But several are in clinical trials around the world. One in late-stage testing, made by India’s Bharat Biotech, uses a chimpanzee cold virus to deliver a harmless copy of the coronavirus spike protein to the lining of the nose.

“I certainly do not want to abandon the success we have had” with COVID-19 shots, said Dr. Michael Diamond of Washington University in St. Louis. Diamond helped create the candidate that is now licensed to Bharat.

But “we’re going to have a difficult time stopping transmission with the current ... vaccines,” Diamond added. “We have all learned that.”

I’m John Russell.

Lauran Neergaard reported on this story for the Associated Press. John Russell adapted it for Learning English.


Words in This Story

nasal – adj. of or relating to the nose

variant – n. different in some way from others of the same kind

antibody – n. medical : a substance produced by the body to fight disease

benefit – n. a good or helpful result or effect

eligible – adj. able to do or receive something.

この英文には日本語訳があります。日本語訳はナラボー・プレスが作成しています。
日本語訳を表示をする場合はボタンをおしてください。 

 

【日本語訳】

Researchers Explore Improvements to COVID Vaccines
COVIDワクチンの改良を探る研究者たち

Drug companies are testing new methods to improve the efficacy of COVID-19 vaccines, using combination shots or nasal drops. They hope the continued research will help strengthen resistance to a continuously changing coronavirus.
製薬会社は、COVID-19ワクチンの効果を高めるために、混合注射や点鼻薬を使った新しい方法を試験しています。研究を続けることで、変化し続けるコロナウイルスに対する抵抗力を強化することができると期待されています。

Original vaccines and “bivalent” vaccines
初代ワクチンと「二価」ワクチン

The first COVID-19 vaccines remain protective against serious sickness, hospitalization and death, especially after a booster dose.
COVID-19の初代ワクチンは、特にブースター接種後は、重篤な病気や入院、死亡に対する予防効果が持続します。

However, drug companies are facing growing pressure to develop vaccines better at fighting off milder infections.
しかし、製薬会社は、より軽い感染症に対抗できるワクチンの開発というプレッシャーに直面しています。

Updating vaccines to match the latest variants is risky, because future variants could be very different. So, companies are considering something like a flu vaccine, which offers protection against three or four different strains in one shot every year.
最新の変異型に合わせてワクチンを更新することは、将来の変異型が全く異なるものになる可能性があり、リスクが高くなります。そこで、インフルエンザ・ワクチンのように、毎年1回の接種で3〜4種類の異なる株に対する予防効果が得られるようなものが検討されています。

Moderna and Pfizer are testing 2-in-1 COVID-19 protection that they hope to offer this fall. Each “bivalent” shot would mix the original, proven vaccine with an omicron-targeted version.
モデルナとファイザーは、この秋に提供したい2-in-1のCOVID-19プロテクションをテストしています。それぞれの「二価」注射は、オリジナルの実績あるワクチンと、オミクロンをターゲットにしたバージョンを混合することになります。

Moderna has some early evidence that the idea could work. It tested a combination shot that targeted the original version of the virus and an earlier variant named beta. It found vaccine recipients developed limited levels of antibodies capable of fighting not just beta but also newer variants like omicron. Moderna now is testing its omicron-targeted bivalent candidate.
モデルナは、このアイデアがうまくいく可能性を示す初期の証拠をいくつか保持しています。それは、オリジナルのウイルスとベータと名付けられた初期の変異体をターゲットとした混合ワクチンのテストです。その結果、ワクチンを接種した患者は、ベータだけでなく、オミクロンのような新しい亜種にも対抗できる限られたレベルの抗体を獲得することがわかりました。現在、モデルナはオミクロンを標的とした二価ワクチン候補を試験中です。

Boosters
ブースター

Dr. David Kimberlin, a CDC adviser from the University of Alabama at Birmingham, recently suggested that for the average person, two doses of the Pfizer or Moderna vaccine plus one booster — a total of three shots — “gets you set up” and ready for what may become a yearly booster.
アラバマ大学バーミンガム校のCDC顧問であるDavid Kimberlin博士は、最近、平均的な人はファイザーまたはモデルナのワクチン2回とブースター1回、合計3回の接種で「準備を整える」ことができ、1年に1回のブースター接種に備えられることを示唆しました。

After that first booster, CDC data suggests an additional dose offers most people a small, temporary benefit.
最初のブースターの後、CDCのデータは、追加の投与は、ほとんどの人が小さく、一時的な利点を提供することを示唆しています。

Experts recommend three shots because vaccination triggers development of antibodies that can fight off coronavirus infection. Such antibody levels naturally decrease over time.
専門家は、ワクチン接種がコロナウイルス感染を撃退することができる抗体の開発のトリガーとなるため、3回のショットを勧めています。このような抗体のレベルは、時間の経過とともに自然に減少します。

But memory cells jump into action to make new virus-fighters if an infection sneaks in. Rockefeller University researchers found those memory cells may become stronger and able to target more diverse kinds of the virus after the third shot.
しかし、記憶細胞は、感染症が潜入してきた場合に、新しいウイルスと闘う細胞を作るために活動を開始する。Rockefeller大学の研究者たちは、3回目のワクチン接種の後、これらの記憶細胞がより強くなり、より多様な種類のウイルスを標的にできるようになる可能性があることを見いだしました。

Even if someone who is vaccinated gets a mild infection, memory cells still help give “time to protect you against severe illness,” said Dr. Paul Offit of the Children’s Hospital of Philadelphia.
フィラデルフィア小児病院のPaul Offit博士によれば、予防接種を受けた人が軽い感染症にかかったとしても、記憶細胞は「重症化から身を守るための時間」を与えてくれるのです。

But some people — those with severely weakened immune systems — need more doses early on for a better chance of protection.
しかし、一部の人々 - 重度に弱体化した免疫システム-より良い保護のチャンスに早い段階でより多くの服用を必要とします。

Americans 50 and older are being offered a second booster, following similar decisions by Israel and other countries that offer the extra shot to give older people a little more protection.
50 歳以上のアメリカ人は2番目のブースターを提供されており、高齢者を少しより保護するために余分な接種を提供しているイスラエルや他の国での同様の決定に続いています。

The CDC is developing advice to help those eligible decide whether to get an extra shot now or wait. Among those who might want a second booster sooner are the elderly, people with health problems or people who are at high risk of exposure from work or travel.
CDCは、対象者が今すぐ追加接種を受けるか、待つかを決めるのに役立つアドバイスを作成しています。2回目のブースターをすぐにしたい可能性があります人の間で高齢者、健康上の問題や仕事または旅行からの暴露のリスクが高い人々です。

Nasal vaccines
経鼻ワクチン

It is hard for a shot in the arm to form lots of virus-fighting antibodies inside the nose where the coronavirus latches on. But a nasal vaccine might offer a new way to prevent infections.
腕に注射しても、コロナウイルスが付着している鼻の中にウイルスと闘う抗体をたくさん作ることは困難です。ですが、経鼻ワクチンは、感染を防ぐための新しい方法となるかもしれません。

“When I think about what would make me get a second booster, I actually would want to prevent infection,” said Dr. Grace Lee of Stanford University, who chairs CDC’s immunization advisory committee. “I think we need to do better.”
CDCの予防接種諮問委員会の委員長であるスタンフォード大学のGrace Lee博士は言います。「何が2回目のブースターを受けさせるかを考えるとき、私は実際に感染を防ぎたいのです」。

Nasal vaccines are difficult to develop, and it is not clear how quickly any could become available. But several are in clinical trials around the world. One in late-stage testing, made by India’s Bharat Biotech, uses a chimpanzee cold virus to deliver a harmless copy of the coronavirus spike protein to the lining of the nose.
鼻腔用ワクチンの開発は難しく、どの程度早く利用可能になるかは不明です。しかし、いくつかのワクチンは世界各地で臨床試験中でもあります。インドのBharat Biotech社が開発した後期試験段階のものは、チンパンジーの風邪ウイルスを使って、コロナウイルスのスパイク・タンパク質の無害なコピーを鼻の粘膜に送り込むものです。

“I certainly do not want to abandon the success we have had” with COVID-19 shots, said Dr. Michael Diamond of Washington University in St. Louis. Diamond helped create the candidate that is now licensed to Bharat.
「ワシントン大学セントルイス校のMichael Diamond博士は、COVID-19注射の成功は捨てがたい、と語りました。Diamond博士は、現在Bharatにライセンスされている候補薬の開発に貢献しました。

But “we’re going to have a difficult time stopping transmission with the current ... vaccines,” Diamond added. “We have all learned that.”
しかし、「現在のワクチンでは感染を止めるのは難しいでしょう。我々は皆、それを学びました。」とDiamond博士は付け加えました。

I’m John Russell.
私はJohn Russellです。

Lauran Neergaard reported on this story for the Associated Press. John Russell adapted it for Learning English.
Lauran NeergaardがAP通信のためにこの記事をレポートし、John RussellがLearning Englishのために脚色しました。

【VOA Learning Englishのバックナンバー】

 


お便りお待ちしております。

ナラボー・プレスは、ユーザーにみなさまにとって便利で役に立つ英語学習サイトを目指しています。
こんな学習がしたい、学習素材が欲しい、というご要望がありましたらぜひ、ご連絡ください。
またはナラボー・プレスが掲載しているVOAの記事で分からない箇所があれば、お気軽にご質問ください。
お問い合わせはお問い合わせフォームからお願いいたします。
【お問い合わせフォーム:担当土屋】

ぜひSNSで記事をシェアしてください。