VOA リスニング

VOA Learning English 220322

Report: South, Central Asians Breathing Most Polluted Air

この記事は VOA Learning English のウェブサイト(https://learningenglish.voanews.com/)の記事と問題を使用しています。
引用元の記事はこちらです。
Report: South, Central Asians Breathing Most Polluted Air

このコンテンツには最後に日本語訳があります。

このコンテンツを使ったディクテーション学習もできます。

記事の概要

今回取りあげる VOA Learning Englishに掲載された記事は、 南・中央アジアの人々は最も汚染された空気を呼吸しているという報告に関する記事です。
このコンテンツには理解力を測るクイズがあります。

学習の例

まずはスクリプトを見ないで音声を聞きましょう。クイズがある場合は、音声を聞いたあとにクイズに挑戦することで、理解度をはかることができます。

そのあとに、スクリプトを見ながら音声を聞き、どこが聞き取れなかったのかを確認しましょう。

音声を聞きながら少しあとからマネをするシャドウイングも効果的です。

VOA Learning English の音声はゆっくりはっきり読まれますので、シャドウイングには最も適した素材です。音声のスピードを速くすることもできますが、英語の発音、イントネーション、間の取り方を学ぶことでリスニングだけではなく、スピーキングにも大きな効果が期待できますので、最初の何回かはそのままの音声でシャドウイングを試してみてください。

では、下の『再生』ボタンを押して、音声を聞きましょう。

「再生」を押すと出現するプレイヤーは, ボタンで読み上げスピードを調整できます。

プレイヤーの ボタンを押すことでリピート再生します。
音声が遅すぎると感じる場合は ボタンを押して速度を上げて聞いてください。ナチュラルスピードよりも少し遅くなる程度に速度調整しています。


この記事には一分間に読む速さ(WPM)を調節した速読訓練ができます。速読訓練をする場合はボタンを押してください。


VOAニュースのイメージ画像
(本ページの画像ならびにOGP画像はCC0 またはパブリックドメインのものを使用しております。)

A new study has found that people living in South and Central Asia experience some of the highest levels of air pollution in the world.

The air in these areas has the highest amounts of the most dangerous kind of air pollution. PM2.5 is atmospheric particulate matter that is 2.5 microns in diameter or less. A micron is one millionth of a meter. PM2.5 is so small that it can enter human lungs and the blood.

The Switzerland-based company IQAir released its latest study on Tuesday. The company operates an air quality information system. The yearly IQAir reports began in 2017.

Glory Dolphin Hammes is chief of IQAir North America. She told VOA: “PM2.5 actually kills more people than any other air quality pollutant.”

Based on data from IQAir’s worldwide network, Bangladesh is the country with the highest levels of PM2.5 air pollution. Chad, Pakistan, Tajikistan and India are also among the five nations with the lowest air quality.

IQAir found that New Delhi, India, is the capital city with the most PM2.5 pollution. Dhaka, Bangladesh; N’Djamena, Chad; Dushanbe, Tajikistan; and Muscat, Oman, are the other capital cities rated as having extremely polluted air.

People seeking the world’s cleanest air will find it in the French overseas territory of New Caledonia. The territory’s main city, Noumea, is at the top of IQAir’s clean air ranking.

Other places where the air is very clean include the U.S. Virgin Islands and Puerto Rico in the Caribbean. Cape Verde, in the Atlantic Ocean off the coast of Africa, also has very little air pollution.

Some parts of the developing world lack enough monitoring, Dolphin Hammes said. Those areas include parts of Africa, the Middle East and South America. Developed countries usually have a greater number of air quality monitors than developing countries and areas.

Monitoring is at a higher level than in past years in some countries, she said. With that additional monitoring, Dolphin Hammes noted, “there are two countries (Chad and Tajikistan) that are among the most polluted countries that weren’t on our report last year.”

In 2021, air pollution levels increased from those of a year earlier: the first year of the COVID-19 pandemic. In 2020, the world saw a decrease in air pollution because of less ground and air transportation. Another reason for the rise in air pollution last year was an increase in wildfires, Dolphin Hammes said.

Last year, the World Health Organization cut the recommended yearly PM2.5 limit by half – from 10 micrograms per cubic meter to five micrograms per cubic meter. The WHO said the reduction would prevent millions of deaths worldwide.

Scientists supported the new recommendations. But they worry that some countries would have trouble reaching them. Much of the world was already failing to meet the 10-microgram limit, Reuters news agency reported.

IQAir’s yearly reports are based on PM2.5 measurements from what is now a total of 6,475 cities in 117 countries, regions and territories. The worldwide information comes from “tens of thousands of regulatory and low-cost air quality monitoring stations,” the company said. The stations are operated by governments, nonprofit organizations, research centers and citizen scientists.

I’m Steve Herman.

Steve Herman reported this story for VOA Learning English.


Words in This Story

diameter –n. the distance through the center of something from one side to the other

monitor –v. to watch, observe, listen to, or check (something) for a special purpose over a period of time

region –n. a part of a country or of the world, that is different or separate from other parts in some way

regulatory –adj. making or concerned with making official rules about what is acceptable in a particular business, activity or field

この英文には日本語訳があります。日本語訳はナラボー・プレスが作成しています。
日本語訳を表示をする場合はボタンをおしてください。 

 

【日本語訳】

Report: South, Central Asians Breathing Most Polluted Air
報告:南・中央アジアの人々は最も汚染された空気を呼吸している

A new study has found that people living in South and Central Asia experience some of the highest levels of air pollution in the world.
南アジアと中央アジアに住む人々は、世界で最も高いレベルの大気汚染に見舞われていることが、新しい研究で明らかになりました。

The air in these areas has the highest amounts of the most dangerous kind of air pollution. PM2.5 is atmospheric particulate matter that is 2.5 microns in diameter or less. A micron is one millionth of a meter. PM2.5 is so small that it can enter human lungs and the blood.
これらの地域の空気は、最も危険度の高い種類の大気汚染物質が含まれています。PM2.5とは、直径2.5ミクロン以下の大気中の粒子状物質のことです。ミクロンは1メートルの100万分の1。PM2.5は非常に小さいので、人間の肺や血液の中に入り込むことができます。

The Switzerland-based company IQAir released its latest study on Tuesday. The company operates an air quality information system. The yearly IQAir reports began in 2017.
スイスに本拠を置くIQAir社は、火曜日に最新の調査結果を発表しました。同社は大気質情報システムを運営している。IQAirの年次報告は2017年から始まりました。

Glory Dolphin Hammes is chief of IQAir North America. She told VOA: “PM2.5 actually kills more people than any other air quality pollutant.”
グローリードルフィン・ハメスは、IQAir North Americaのチーフを務めています。彼女はVOAに、「PM2.5は実際、他のどの大気質汚染物質よりも多くの人を殺しています。」と語りました。

Based on data from IQAir’s worldwide network, Bangladesh is the country with the highest levels of PM2.5 air pollution. Chad, Pakistan, Tajikistan and India are also among the five nations with the lowest air quality.
IQAirの世界的なネットワークのデータによると、バングラデシュはPM2.5の大気汚染レベルが最も高い国です。また、チャド、パキスタン、タジキスタン、インドの5か国は、大気質が最も低い国となっています。

IQAir found that New Delhi, India, is the capital city with the most PM2.5 pollution. Dhaka, Bangladesh; N’Djamena, Chad; Dushanbe, Tajikistan; and Muscat, Oman, are the other capital cities rated as having extremely polluted air.
IQAirの調べでは、インドのニューデリーが最もPM2.5汚染が進んでいる首都であることが判明しました。バングラデシュのダッカ、チャドのンジャメナ、タジキスタンのドゥシャンベ、オマーンのマスカットは、大気が極度に汚染されていると評価された他の首都です。

People seeking the world’s cleanest air will find it in the French overseas territory of New Caledonia. The territory’s main city, Noumea, is at the top of IQAir’s clean air ranking.
世界で最も空気がきれいなのは、フランスの海外領土であるニューカレドニアです。ニューカレドニアの主要都市ヌメアは、IQAirによる空気のきれいさランキングでトップとなっています。

Other places where the air is very clean include the U.S. Virgin Islands and Puerto Rico in the Caribbean. Cape Verde, in the Atlantic Ocean off the coast of Africa, also has very little air pollution.
その他、カリブ海に浮かぶアメリカ領ヴァージン諸島やプエルトリコも空気がきれいな地域です。アフリカ沿岸の大西洋に浮かぶカーボベルデも、大気汚染が非常に少ないのです。

Some parts of the developing world lack enough monitoring, Dolphin Hammes said. Those areas include parts of Africa, the Middle East and South America. Developed countries usually have a greater number of air quality monitors than developing countries and areas.
発展途上国の中には、十分なモニタリングが行われていない地域があるとドルフィン・ハメスは言います。それらの地域には、アフリカ、中東、南米の一部が含まれます。先進国は通常、発展途上国や地域よりも多くの大気質モニターを備えています。

Monitoring is at a higher level than in past years in some countries, she said. With that additional monitoring, Dolphin Hammes noted, “there are two countries (Chad and Tajikistan) that are among the most polluted countries that weren’t on our report last year.”
いくつかの国では、モニタリングのレベルが過去数年よりも高くなっているとのことです。その追加モニタリングにより、ドルフィン・ハメスは、「昨年のレポートにはなかった2か国(チャド、タジキスタン)が、最も汚染されている国に含まれている」と指摘しています。

In 2021, air pollution levels increased from those of a year earlier: the first year of the COVID-19 pandemic. In 2020, the world saw a decrease in air pollution because of less ground and air transportation. Another reason for the rise in air pollution last year was an increase in wildfires, Dolphin Hammes said.
2021年、大気汚染レベルは1年前より上昇しました。これはCOVID-19のパンデミックの最初の年です。2020年、世界は地上と空からの輸送が減ったため、大気汚染は減少しました。昨年の大気汚染上昇のもうひとつの理由は、山火事の増加だとドルフィン・ハンメスは言います。

Last year, the World Health Organization cut the recommended yearly PM2.5 limit by half – from 10 micrograms per cubic meter to five micrograms per cubic meter. The WHO said the reduction would prevent millions of deaths worldwide.
昨年、世界保健機関は、PM2.5の年間推奨値を1立方メートルあたり10マイクログラムから5マイクログラムへと半減させました。WHOは、この削減によって世界中で数百万人の死亡を防ぐことができると述べています。

Scientists supported the new recommendations. But they worry that some countries would have trouble reaching them. Much of the world was already failing to meet the 10-microgram limit, Reuters news agency reported.
科学者たちはこの新しい勧告を支持しました。しかし、科学者たちは、この勧告を達成するのが難しい国もあるだろうと心配しています。ロイター通信によれば、世界の多くの国はすでに10マイクログラムの制限値を達成できていないとのことである。

IQAir’s yearly reports are based on PM2.5 measurements from what is now a total of 6,475 cities in 117 countries, regions and territories. The worldwide information comes from “tens of thousands of regulatory and low-cost air quality monitoring stations,” the company said. The stations are operated by governments, nonprofit organizations, research centers and citizen scientists.
IQAirの年次報告は、現在117の国、地域、領土の合計6,475都市で測定されたPM2.5に基づいている。同社によると、世界中の情報は「何万もの規制および低コストの大気質監視ステーション」から得られている。これらの観測所は、政府、非営利団体、研究センター、市民科学者によって運営されています。

I’m Steve Herman.
私はSteve Hermanです。

Steve Herman reported this story for VOA Learning English.
スティーブ・ハーマンはVOAラーニング・イングリッシュのためにこのレポートを報告しました。

【VOA Learning Englishのバックナンバー】

 


お便りお待ちしております。

ナラボー・プレスは、ユーザーにみなさまにとって便利で役に立つ英語学習サイトを目指しています。
こんな学習がしたい、学習素材が欲しい、というご要望がありましたらぜひ、ご連絡ください。
またはナラボー・プレスが掲載しているVOAの記事で分からない箇所があれば、お気軽にご質問ください。
お問い合わせはお問い合わせフォームからお願いいたします。
【お問い合わせフォーム:担当土屋】

ぜひSNSで記事をシェアしてください。