VOA リスニング

VOA Learning English 220302

How Is Technology Affecting the War in Ukraine?

この記事は VOA Learning English のウェブサイト(https://learningenglish.voanews.com/)の記事と問題を使用しています。
引用元の記事はこちらです。
How Is Technology Affecting the War in Ukraine?

このコンテンツには最後に日本語訳があります。

このコンテンツを使ったディクテーション学習もできます。

記事の概要

今回取りあげる VOA Learning Englishに掲載された記事は、 ウクライナ戦争にSNSなどを始めとしたテクノロジーはどのように影響を与えているのかという記事です。
このコンテンツには理解力を測るクイズがあります。

学習の例

まずはスクリプトを見ないで音声を聞きましょう。クイズがある場合は、音声を聞いたあとにクイズに挑戦することで、理解度をはかることができます。

そのあとに、スクリプトを見ながら音声を聞き、どこが聞き取れなかったのかを確認しましょう。

音声を聞きながら少しあとからマネをするシャドウイングも効果的です。

VOA Learning English の音声はゆっくりはっきり読まれますので、シャドウイングには最も適した素材です。音声のスピードを速くすることもできますが、英語の発音、イントネーション、間の取り方を学ぶことでリスニングだけではなく、スピーキングにも大きな効果が期待できますので、最初の何回かはそのままの音声でシャドウイングを試してみてください。

では、下の『再生』ボタンを押して、音声を聞きましょう。

「再生」を押すと出現するプレイヤーは, ボタンで読み上げスピードを調整できます。

プレイヤーの ボタンを押すことでリピート再生します。
音声が遅すぎると感じる場合は ボタンを押して速度を上げて聞いてください。ナチュラルスピードよりも少し遅くなる程度に速度調整しています。


この記事には一分間に読む速さ(WPM)を調節した速読訓練ができます。速読訓練をする場合はボタンを押してください。


この記事には理解度をはかるクイズがあります。クイズをする場合はボタンをおしてください。 


VOAニュースのイメージ画像
(本ページの画像ならびにOGP画像はCC0 またはパブリックドメインのものを使用しております。)

How Is Technology Affecting the War in Ukraine?

Large technology companies have taken steps to restrict Russia’s state media from using social media to spread misinformation about its invasion of Ukraine. At the same time, people are using technology to inform and assist people affected by the conflict.

Google announced this week it was blocking YouTube channels in Europe belonging to Russia’s government-connected companies RT and Sputnik. RT is an international television network and Sputnik is a news agency.

Google’s move came after the European Union (EU) banned RT and Sputnik. EU officials accused Russia of using its state media companies to spread propaganda and misinformation.

In addition, the hugely popular video service TikTok canceled the accounts for RT and Sputnik in Europe.

Meta also announced it was blocking RT and Sputnik on its Facebook and Instagram services across the EU. In the United States, RT and other state media companies remain active on Facebook.

Meta also said it had identified and taken down a network of pro-Russian groups for organizing misinformation campaigns on Facebook and Instagram. The company said it took the action because the network had violated a policy that bars users from creating false accounts and news sites.

Meta, Microsoft and Google’s parent company Alphabet have also taken measures to restrict Russian state media from making money from advertising on their services.

Twitter announced it had started adding warning labels to tweets from media linked to the Russian government. Twitter also said it would not suggest or direct users to Russian-connected websites in its search system.

Meta has denied requests from Ukrainian officials to remove access to its services in Russia. Company officials said such a move would prevent Russian citizens from using Facebook and Instagram to learn about the conflict, voice opinions and organize protests.

Meta’s vice president for global affairs, Nick Clegg, wrote in a message on Twitter: “We believe turning off our services would silence important expression at a crucial time.”

Alphabet also announced it had turned off some of its Google Maps tools in Ukraine that provide information on live traffic conditions and movements of people. The company said the action was taken to protect local communities.

In Ukraine, TikTok users have used the service to publish information about Russia’s invasion. Images and video shared on TikTok have included neighborhoods hit by missiles, empty food stores and long lines at gas stations.

TikTok user Marta Vasyuta told Reuters she had put content on the service to help inform people around the world about the “serious situation that Ukrainians face.”

One of Vasyuta’s videos showed what appeared to be a missile in the sky with the message, “Kyiv 4:23 am.” The video had received more than 138,000 comments by Wednesday. Some users expressed disbelief. Others offered messages of support. One user wrote: “Never thought I would get WAR updates on TikTok.”

In an effort to keep Ukraine online, SpaceX chief Elon Musk said the company’s Starlink satellite service had been activated in Ukraine. Starlink provides high-speed internet to areas that do not have it. So far, there has not been evidence of widespread internet outages across Ukraine.

Shortly after Russia began its invasion of Ukraine, social media users living in surrounding countries began setting up online networks to support refugees. Thousands of people joined the networks, offering homes, money and transportation to Ukrainians fleeing their country.

Ukraine’s government has used cryptocurrency to raise money for its war effort, Reuters news agency reported. The operation has brought in at least $13 million after appeals for donations of bitcoin and other digital currencies. The country’s Ministry of Digital Transformation said the money would be used to help “destroy as (many) Russian soldiers as possible.”

I’m Bryan Lynn.

Bryan Lynn wrote this story for VOA Learning English, based on reports from The Associated Press, Reuters and Agence France-Presse.


Words in This Story

label – v. to describe the qualities of someone or something

access – n. the right or chance to use of look at something

global – adj. relating to the whole world

crucial – adj. extremely important or necessary

update – n. new information

cryptocurrency – n. a digital currency produced by a public network, rather than a government

この英文には日本語訳があります。日本語訳はナラボー・プレスが作成しています。
日本語訳を表示をする場合はボタンをおしてください。 

 

【日本語訳】

How Is Technology Affecting the War in Ukraine?
ウクライナ戦争にテクノロジーはどう影響しているのか?

Large technology companies have taken steps to restrict Russia’s state media from using social media to spread misinformation about its invasion of Ukraine. At the same time, people are using technology to inform and assist people affected by the conflict.
大手テクノロジー企業は、ロシアの国営メディアがソーシャルメディアを使ってウクライナ侵攻の誤報を流すことを制限する措置をとりました。同時に、紛争に巻き込まれた人々に情報を提供し、支援するために、人々はテクノロジーを利用しています。

Google announced this week it was blocking YouTube channels in Europe belonging to Russia’s government-connected companies RT and Sputnik. RT is an international television network and Sputnik is a news agency.
Googleは今週、ロシアの政府系企業であるRTとSputnikに属する欧州のYouTubeチャンネルをブロックすると発表しました。RTは国際的なテレビネットワークで、Sputnikは通信社です。

Google’s move came after the European Union (EU) banned RT and Sputnik. EU officials accused Russia of using its state media companies to spread propaganda and misinformation.
Googleの動きは、欧州連合(EU)がRTとSputnikを禁止した後のことです。EU当局は、ロシアが国営メディア企業を使ってプロパガンダや誤報を流していると非難しています。

In addition, the hugely popular video service TikTok canceled the accounts for RT and Sputnik in Europe.
また、大人気の動画サービス「TikTok」は、欧州のRTとSputnikのアカウントを取り消しました。

Meta also announced it was blocking RT and Sputnik on its Facebook and Instagram services across the EU. In the United States, RT and other state media companies remain active on Facebook.
Metaも、EU全域のFacebookとInstagramのサービスでRTとSputnikをブロックすると発表しました。米国では、RTや他の国営メディア企業がFacebookで活動を続けています。

Meta also said it had identified and taken down a network of pro-Russian groups for organizing misinformation campaigns on Facebook and Instagram. The company said it took the action because the network had violated a policy that bars users from creating false accounts and news sites.
Metaはまた、FacebookとInstagramで誤報キャンペーンを組織していた親ロシア派グループのネットワークを特定し、取り締まったと発表しました。同社は、このネットワークが、ユーザーが偽のアカウントやニュースサイトを作成することを禁止するポリシーに違反していたため、この措置を取ったと述べています。

Meta, Microsoft and Google’s parent company Alphabet have also taken measures to restrict Russian state media from making money from advertising on their services.
Meta、Microsoft、Googleの親会社アルファベットも、ロシアの国営メディアが自社サービスでの広告で利益を得ることを制限する措置を取っています。

Twitter announced it had started adding warning labels to tweets from media linked to the Russian government. Twitter also said it would not suggest or direct users to Russian-connected websites in its search system.
Twitterは、ロシア政府とつながりのあるメディアからのツイートに警告ラベルを追加し始めたと発表しました。Twitterはまた、検索システムでロシアに関連するウェブサイトを提案したり、ユーザーを誘導したりしないようにすると述べました。

Meta has denied requests from Ukrainian officials to remove access to its services in Russia. Company officials said such a move would prevent Russian citizens from using Facebook and Instagram to learn about the conflict, voice opinions and organize protests.
Metaは、ウクライナ当局からのロシアでの同社サービスへのアクセス削除要請を拒否しています。同社関係者は、そのような動きをすれば、ロシア市民がFacebookやInstagramを使って紛争について学んだり、意見を述べたり、抗議活動を組織したりすることができなくなると述べています。

Meta’s vice president for global affairs, Nick Clegg, wrote in a message on Twitter: “We believe turning off our services would silence important expression at a crucial time.”
Metaのグローバル担当副社長、Nick CleggはTwitterのメッセージにこう書いています。「我々のサービスを停止することは、重要な時期に重要な表現を沈黙させることになると考えています。」

Alphabet also announced it had turned off some of its Google Maps tools in Ukraine that provide information on live traffic conditions and movements of people. The company said the action was taken to protect local communities.
Alphabetも、ウクライナで交通状況や人の動きを実況するGoogleマップのツールの一部を停止したことを発表しました。同社は、この措置は地域社会を保護するために取られたと述べています。

In Ukraine, TikTok users have used the service to publish information about Russia’s invasion. Images and video shared on TikTok have included neighborhoods hit by missiles, empty food stores and long lines at gas stations.
ウクライナでは、TikTokのユーザーが同サービスを利用してロシアの侵攻に関する情報を公開しています。TikTokで共有された画像や動画には、ミサイルで攻撃された地域、空の食料品店、ガソリンスタンドの長蛇の列などが含まれています。

TikTok user Marta Vasyuta told Reuters she had put content on the service to help inform people around the world about the “serious situation that Ukrainians face.”
TikTokユーザーのMarta Vasyutaさんはロイターに対し、「ウクライナ人が直面している深刻な状況」を世界中の人々に知らせるために、同サービスにコンテンツを掲載した」と語りました。

One of Vasyuta’s videos showed what appeared to be a missile in the sky with the message, “Kyiv 4:23 am.” The video had received more than 138,000 comments by Wednesday. Some users expressed disbelief. Others offered messages of support. One user wrote: “Never thought I would get WAR updates on TikTok.”
Vasyutaさんの動画の1つには、上空にミサイルのようなものが写っており、「Kyiv 4:23 am」というメッセージが書かれていました。この動画には、水曜日までに138,000件以上のコメントが寄せられています。不信感をあらわにするユーザーもいれば、また、応援のメッセージも多く投稿されました。あるユーザーは、「TikTokで戦争の最新情報が得られるとは思わなかった」と書いています。

In an effort to keep Ukraine online, SpaceX chief Elon Musk said the company’s Starlink satellite service had been activated in Ukraine. Starlink provides high-speed internet to areas that do not have it. So far, there has not been evidence of widespread internet outages across Ukraine.
ウクライナをオンラインに保つための努力として、SpaceXのチーフ、Elon Muskは、同社のStarlink衛星サービスがウクライナで起動したと述べました。Starlinkは、高速インターネットがない地域に高速インターネットを提供します。これまでのところ、ウクライナ全土でインターネットが広範囲に停止しているという証拠はありません。

Shortly after Russia began its invasion of Ukraine, social media users living in surrounding countries began setting up online networks to support refugees. Thousands of people joined the networks, offering homes, money and transportation to Ukrainians fleeing their country.
ロシアがウクライナに侵攻を開始した直後から、周辺国に住むソーシャルメディアユーザーが、難民支援のためのオンラインネットワークを立ち上げ始めました。何千人もの人々がこのネットワークに参加し、自国から逃れてきたウクライナ人に家やお金、交通手段を提供しました。

Ukraine’s government has used cryptocurrency to raise money for its war effort, Reuters news agency reported. The operation has brought in at least $13 million after appeals for donations of bitcoin and other digital currencies. The country’s Ministry of Digital Transformation said the money would be used to help “destroy as (many) Russian soldiers as possible.”
ロイター通信が報じたところによると、ウクライナ政府は戦費調達のために暗号通貨を利用しています。この作戦では、ビットコインやその他のデジタル通貨の寄付を呼びかけた結果、少なくとも1300万ドルがもたらされました。同国のデジタル変換省は、この資金を "できるだけ多くの(ロシア)兵士を破壊する "ために使用すると話しました。

I’m Bryan Lynn.
私はブライアン・リンです。

Bryan Lynn wrote this story for VOA Learning English, based on reports from The Associated Press, Reuters and Agence France-Presse.
ブライアン・リンは、AP通信、ロイター、フランス通信の報道を基に、VOA Learning English用に記事を執筆しました。

【VOA Learning Englishのバックナンバー】

 


お便りお待ちしております。

ナラボー・プレスは、ユーザーにみなさまにとって便利で役に立つ英語学習サイトを目指しています。
こんな学習がしたい、学習素材が欲しい、というご要望がありましたらぜひ、ご連絡ください。
またはナラボー・プレスが掲載しているVOAの記事で分からない箇所があれば、お気軽にご質問ください。
お問い合わせはお問い合わせフォームからお願いいたします。
【お問い合わせフォーム:担当土屋】

ぜひSNSで記事をシェアしてください。