VOA リスニング

VOA Learning English 220116

Martin Luther King, Jr. Popularized Peaceful Protest in US

この記事は VOA Learning English のウェブサイト(https://learningenglish.voanews.com/)の記事と問題を使用しています。
引用元の記事はこちらです。
Martin Luther King, Jr. Popularized Peaceful Protest in US

このコンテンツには最後に日本語訳があります。

このコンテンツを使ったディクテーション学習もできます。

記事の概要

今回取りあげる VOA Learning Englishに掲載された記事は、 マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの活動について記事です。
このコンテンツには理解力を測るクイズがあります。

学習の例

まずはスクリプトを見ないで音声を聞きましょう。クイズがある場合は、音声を聞いたあとにクイズに挑戦することで、理解度をはかることができます。

そのあとに、スクリプトを見ながら音声を聞き、どこが聞き取れなかったのかを確認しましょう。

音声を聞きながら少しあとからマネをするシャドウイングも効果的です。

VOA Learning English の音声はゆっくりはっきり読まれますので、シャドウイングには最も適した素材です。音声のスピードを速くすることもできますが、英語の発音、イントネーション、間の取り方を学ぶことでリスニングだけではなく、スピーキングにも大きな効果が期待できますので、最初の何回かはそのままの音声でシャドウイングを試してみてください。

では、下の『再生』ボタンを押して、音声を聞きましょう。

「再生」を押すと出現するプレイヤーは, ボタンで読み上げスピードを調整できます。

プレイヤーの ボタンを押すことでリピート再生します。
音声が遅すぎると感じる場合は ボタンを押して速度を上げて聞いてください。ナチュラルスピードよりも少し遅くなる程度に速度調整しています。


VOAニュースのイメージ画像
(本ページの画像ならびにOGP画像はCC0 またはパブリックドメインのものを使用しております。)

Civil rights movement hero, Martin Luther King, Jr. is honored with a holiday on the third Monday in January. He would have been 93 years old this month but was murdered in 1968 at the age of 39.

King led a movement of non-violent, peaceful protests to fight racial injustice in the United States. The first example of this movement began in December of 1955. It was the Montgomery Bus Boycott in the southern state of Alabama.

Many southern cities, including Montgomery practiced racial segregation, or the separation of Black and white Americans in public places. When using public transportation such as buses, the law in Montgomery stated that Blacks must enter from the back door and the first ten rows of seats were for whites only. On December first in 1955, a Black woman, Rosa Parks, was riding a bus on her way home from work. She refused to give her seat to a white man and was arrested.

At the time, King was a 26-year-old clergy man at the Dexter Avenue Baptist church in Montgomery.

In an interview with the British Broadcasting Corporation in 1961, he explained what happened next.

“More than 99 percent of the Negro people of Montgomery rose up with a…. righteous indignation, I would say. And this led to the bus boycott…. They asked me to serve as a spokesman….and from this time, I found myself in a leadership position in the civil rights struggle.”

In Montgomery, King and others organized a one-day boycott of city buses on December 5. Three days later, under the leadership of King and others, a list of demands was presented to city officials. The demands included fair seating for all and courteous treatment by bus operators.

The demands were not met. City officials and white opponents tried to defeat the boycott. Blacks organized and helped one another to meet transportation needs. Many Blacks walked or rode bikes to where they needed to go. King’s home was bombed in early 1956 -- he and his family were not hurt. That same year, King was arrested and found guilty of interfering with a business. Blacks in Montgomery stayed off city buses through 1956.

More than a year after the boycott began -- on the 20th of December in 1956 -- the Supreme Court agreed with a lower court decision that public bus segregation is not legal.

King's role in the bus boycott won international attention. His example of mass, nonviolent protest was a model for fighting injustice in the United States for decades to come.

I’m Dorothy Gundy.

Dorothy Gundy wrote on this story for Learning English.

Editor's Note: This story was first published in Jan. 2019.


Words in This Story

boycott – n. to refuse to buy, use, or participate in something as a way of protesting

indignation – n. anger caused by something that is unfair or wrong

spokesman – n. someone who speaks for or represents a person, company, etc.

courteous – adj. very polite in a way that shows respect

segregation – n. the practice or policy of keeping people of different races, religions, etc., separate from each other

decade – n. a period of 10 years

この英文には日本語訳があります。日本語訳はナラボー・プレスが作成しています。
日本語訳を表示をする場合はボタンをおしてください。 

 

【日本語訳】

Martin Luther King, Jr. Popularized Peaceful Protest in US
米国内で平和的な抗議活動を普及させたマーティン・ルーサー・キング・ジュニア

Civil rights movement hero, Martin Luther King, Jr. is honored with a holiday on the third Monday in January. He would have been 93 years old this month but was murdered in 1968 at the age of 39.
公民権運動の英雄、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアは、1月の第3月曜日に祝日として称される。彼は今月93歳になるはずでしたが、1968年に39歳の若さで殺害されました。

King led a movement of non-violent, peaceful protests to fight racial injustice in the United States. The first example of this movement began in December of 1955. It was the Montgomery Bus Boycott in the southern state of Alabama.
キング牧師は、米国における人種的不公正と戦うために、非暴力かつ平和的な抗議活動を主導しました。この運動の最初の例は、1955年12月に始まりました。南部のアラバマ州で起きたモンゴメリー・バス・ボイコットです。

Many southern cities, including Montgomery practiced racial segregation, or the separation of Black and white Americans in public places. When using public transportation such as buses, the law in Montgomery stated that Blacks must enter from the back door and the first ten rows of seats were for whites only. On December first in 1955, a Black woman, Rosa Parks, was riding a bus on her way home from work. She refused to give her seat to a white man and was arrested.
モンゴメリーを含む南部の多くの都市では、人種隔離、つまり公共の場での黒人と白人の分離が実施されていました。モンゴメリーでは、バスなどの公共交通機関を利用する場合、黒人は裏口から入り、最初の10列は白人専用と法律で決められていたのです。1955年12月1日、ローザ・パークスという黒人の女性が仕事帰りにバスに乗っていました。彼女は白人男性に席を譲ることを拒否し、逮捕されました。

At the time, King was a 26-year-old clergy man at the Dexter Avenue Baptist church in Montgomery.
当時、キング牧師はモンゴメリーのデクスター・アベニュー・バプティスト教会で26歳の聖職者でした。

In an interview with the British Broadcasting Corporation in 1961, he explained what happened next.
1961年、英国放送協会とのインタビューで、彼は次に何が起こったかを説明しています。

“More than 99 percent of the Negro people of Montgomery rose up with a…. righteous indignation, I would say. And this led to the bus boycott…. They asked me to serve as a spokesman….and from this time, I found myself in a leadership position in the civil rights struggle.”
「モンゴメリーの黒人の99パーセント以上が、…正しい憤りをもって立ち上がったと言えるでしょう。そして、これがバス・ボイコットにつながった......。彼らは私にスポークスマンとしての役割を求めました…そしてこの時から、私は公民権闘争の指導的立場に立つことになったのです。」

In Montgomery, King and others organized a one-day boycott of city buses on December 5. Three days later, under the leadership of King and others, a list of demands was presented to city officials. The demands included fair seating for all and courteous treatment by bus operators.
モンゴメリーでは、キング牧師らが12月5日、市バスの終日ボイコットを組織しました。その3日後、キング牧師らの指導のもと、市当局に要求リストが提出されました。要求には、すべての人に公平な座席を提供すること、バスの運転手による丁寧な扱いが含まれていました。

The demands were not met. City officials and white opponents tried to defeat the boycott. Blacks organized and helped one another to meet transportation needs. Many Blacks walked or rode bikes to where they needed to go. King’s home was bombed in early 1956 -- he and his family were not hurt. That same year, King was arrested and found guilty of interfering with a business. Blacks in Montgomery stayed off city buses through 1956.
しかし、この要求はかなえられませんでした。市当局と反対派の白人は、ボイコットを打ち負かそうとしたのです。黒人は、交通の必要性を満たすために組織化され、互いに助け合いました。多くの黒人は、必要な場所まで歩いたり、自転車に乗ったりしました。1956年初め、キング牧師の自宅が爆撃されましたが、彼と彼の家族に被害はありませんでした。同年、キング牧師は営業妨害で逮捕され、有罪となりました。モンゴメリーの黒人は、1956年まで市バスに乗らないようにしました。

More than a year after the boycott began -- on the 20th of December in 1956 -- the Supreme Court agreed with a lower court decision that public bus segregation is not legal.
ボイコット開始後1年以上経過した1956年12月20日、最高裁判所は、公共バスの分離は合法ではないという下級審の判決を下しました。

King's role in the bus boycott won international attention. His example of mass, nonviolent protest was a model for fighting injustice in the United States for decades to come.
バス・ボイコットにおけるキング牧師の役割は、国際的な注目を集めました。キング牧師がバス・ボイコットで果たした役割は国際的に注目され、非暴力による大規模な抗議行動は、その後何十年にもわたって米国における不正義と戦うための模範となったのです。

I’m Dorothy Gundy.
私はDorothy Gundyです。

Dorothy Gundy wrote on this story for Learning English.
Dorothy GundyがLearning Englishのためにこの記事を書きました。

Editor's Note: This story was first published in Jan. 2019.
編集部注:この記事は2019年1月に掲載されたものです。

【VOA Learning Englishのバックナンバー】

 


お便りお待ちしております。

ナラボー・プレスは、ユーザーにみなさまにとって便利で役に立つ英語学習サイトを目指しています。
こんな学習がしたい、学習素材が欲しい、というご要望がありましたらぜひ、ご連絡ください。
またはナラボー・プレスが掲載しているVOAの記事で分からない箇所があれば、お気軽にご質問ください。
お問い合わせはお問い合わせフォームからお願いいたします。
【お問い合わせフォーム:担当土屋】

ぜひSNSで記事をシェアしてください。