TOEIC®テスト 出題形式と解き方

株式会社 ナラボー・プレス著

 TOEIC は,1979 年 12 月に日本でスタートした英語検定試験ですが,現在では,「グローバルスタンダードとして世界 50 か国以上で実施されており,その受験者は 2004 年度に 143 万人に達する」[注] ほど,世界じゅうで認知され,利用されているテストです。日本では,大企業・有名企業・大学のほとんどが採用し,書店には,TOEIC 対策本が溢れています。また,TOEIC 対策をうたったホームページも数多く見られます。

 こうしたなか,「受験テクニック」 とか 「ウラ業」 と称して受験の際のコツを紹介している場合もありますし,いろいろなサイトの掲示板等で,「TOEIC は,英語力が伴わなくても受験テクニックでスコアが上がるテストだ」 といったような投稿が見られたりしますが,TOEIC は出題形式は一定で変わることがありませんし,すべての英文は毎回書き下ろしですから,いわゆる 「受験テク」 や 「ヤマ掛け」 で,実力以上のスコアが出ることはありません。一部の人たちが 「受験テク」 と称しているのは,このページで解説していることだろうと思います。しかし,このページで紹介している 「受験のコツ」 は,言わば,私たちが国語の試験を受ける時にも無意識に行っていることで,決して 「受験テク」 などではないのです。ごくふつうの受験態度と言えるでしょう。ただ,こうしたコツを知らないまま受験したり学習を続けたりすると,実力を最大限スコアに反映できなかったり無駄な学習を続けてしまったりということはあるかもしれません。

 こうした 「コツ」 は英語学習を進める上でも,大きなヒントになり得ます。言語能力習得のツールとなるはずです。お役に立てれば幸いです。なお,出題パターン別の例題やその解き方のコツ,考え方などは,機会を見て追加していこうと考えています。

[注]
『TOEIC® 活用実態報告』 (第 13 回,財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会 TOEIC運営委員会 発行,平成17年7月,「まえがき」より。

Copyright© 2000-2009 Nullarbor Press Inc